コパアメリカ2019で日本代表はエクアドル戦に勝って決勝トーナメントに進出できるか

芸能スポーツ

 

6月14日からブラジルで開催されているサッカーのコパアメリカ2019(南米選手権)日本代表が招待されました。

日本代表のコパアメリカ出場は1999年以来20年ぶりとなります。

南米のサッカー強国が威信かけて臨んでくるコパアメリカで日本代表は決勝トーナメントに進出できるのでしょうか。



コパアメリカ2019(南米選手権)とは

 

コパアメリカ2019は南米の10か国と招待国2か国(日本とカタール)の合計12か国によって開催されます。

12チームがABCの3つのグループに4チームずつに分かれて予選リーグ3戦を行い、出場12チーム中8チームが決勝トーナメントに進出できます。

ABCそれぞれのグループ上位2チームは無条件で決勝トーナメントに進出します。

グループ3位となった場合は他のグループ3位との争いになり、3位の中で1番勝ち点が低い1チームが予選リーグ敗退となります。

言い換えればグループ3位となった3チーム中2チームは決勝トーナメントに進出できます。

順位の決定方法は勝ち点が多いチームが上位で、勝ち点が同じ場合は得失点差が多いチームが上位となります。(試合に勝つと勝ち点3、引き分けは勝ち点1、負けは勝ち点0)

12チーム中8チームというと簡単なように思いますが出場国はほぼ日本より実力的に上でしかも南米ブラジルでのアウェイ開催となります。

グループリーグ2戦を戦って日本代表の結果は?

グループリーグ2戦目までが終わりました。

日本代表は1戦目のチリ戦は0対4で負けました。

大敗したことで酷評している解説者やジャーナリストもいましたが私が見る限り先発の平均年齢21.4歳と若い日本代表は結構チャンスを作っていて面白かったです。

中島選手も久保選手も見せ場を作っていました。

ただ守備はもっとしっかり詰めるところを詰めたり、連携がイマイチでした。

グループリーグ2戦目のウルグアイ戦は2対2の引き分けでした。

三好選手が2ゴールを上げましたが最終的に追いつかれました。

ウルグアイが1点目のPKを取得した場面は植田選手は足の裏側を見せたとはいえ接触もわずかでVARまでしてPK判定は有り得ない判定でした。

 

グループC2戦目終了時点)

順位 チーム名 勝ち点 勝ち 引き分け 負け 得点 失点 得失点
1 チリ 6 2 0 0 6 1 +5
2 ウルグアイ 4 1 1 0 6 2 +4
3 日本 1 0 1 1 2 6 -4
4 エクアドル 0 0 0 2 1 6 -5

上表のとおり2戦終わった時点で日本代表は勝ち点1でグループCの3位につけています。

2位に入ればグループリーグを突破出来ますが2位のウルグアイとは勝ち点差が3、得失点差が8とかなり差があります。

今からグループ2位になるためには日本が最終戦のエクアドルに大勝し、かつウルグアイがチリに大敗しないといけないのでそれはほぼ絶望的です。

そうなると各グループの3位同士との争いになります。

各組3位チームの比較(グループAB3戦終了、グループC2戦終了時点)




順位 チーム 試合数 勝点 得点 失点 得失点 出場権
1 A ペルー 3 4 1 1 1 3 6 -3 決勝トーナメント進出圏内
2 B パラグアイ 3 2 0 2 1 3 4 -1 決勝トーナメント進出圏内
3 C 日本 2 1 0 1 1 2 6 -4 グループリーグ敗退圏内
4 C エクアドル 2 0 0 0 2 1 6 -5 グループリーグ敗退圏内

上表は各グループ3位チームの比較です。(グループAとBは3戦目終了時点、グループCは2戦目終了時点)

この4チームの中で上2チームに入れば決勝トーナメントに進出できます。

現在勝ち点1の日本はグループ最終戦のエクアドルに引き分けると合計勝ち点が2になり、パラグアイに並びますが得失点が日本マイナス4でパラグアイがマイナス2でパラグアイが決勝トーナメント進出となります。

日本がエクアドルに勝てば合計勝ち点が4になりパラグアイを上回り決勝トーナメントに進出できます。

対戦相手にエクアドルも勝てば決勝トーナメントに進出できるので相手も本気できます。

エクアドルは攻撃陣に能力の高い選手を揃えているbので、日本はしっかりと守備の連携をとってほしいです。

経験豊富なDF吉田がいないのでボランチの柴崎やGKの川島がしっかり守備陣の統率を期待します。

 

まとめ

 

コパアメリカは日本代表にとってアウェイの地で強豪国と試合ができる貴重な大会です。

ある意味アジアカップより貴重かもしれません。

グループリーグ初戦のチリ戦は0対4と大敗しましたが、2戦目のウルグアイ戦は2対2の引き分けで勝ち点1を取りました。

6月25日はグループ4位のエクアドル戦で勝てば決勝トーナメントに進出できる可能性が高くなります。

ぜひ決勝トーナメントに進出して勝てとはいわないのでブラジルと対戦して来年の東京オリンピックに繋げていってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!