ドラフト会議の成功球団を歴代のMVP受賞者から検証してみた【セリーグ編】

芸能スポーツ

今年もドラフト会議の季節が近づいてきました

ドラフトで指名した選手が1年目から活躍し新人王を獲得すれば短期的には成功と言えます

ドラフト指名と新人王獲得球団に関する記事を以下に書いています

しかしドラフトでは高卒選手が3年あるいは5年後に活躍することを念頭に指名する面もあります

どちらかというとこっちの長期的なウエイトの方が大きいように思います

そこで今回はセリーグMVPを獲得した選手のドラフト順位からどの球団がドラフトに成功したかを検証します



セリーグ歴代MVP受賞者のドラフト指名順位と球団について

 

歴代のセリーグMVP受賞者がドラフト何位で指名されたか、そしてどの球団がMVPを輩出しているかを見ていきます

MVP受賞者はシーズン優勝チームから選出されるか、もしくは優勝チームでない場合はその個人が圧倒的に活躍した場合に限られます

MVPの受賞はチームの成功か獲得した選手の大活躍のどちらかであり球団にとっては大変喜ばしいことです

それではセリーグの過去30年間のMVP受賞者を見ていきます

セリーグ過去30年の歴代MVP受賞者





下表はセリーグの過去30年のMVPとドラフト順位とそして獲得球団です

ポイントとはドラフト1位は期待が高く出番も多く与えられ活躍して当然なのでポイント1

そして指名順位が下がるほど掘り出し物になりドラフトの腕の見せ所なので2位はポイント2、3位はポイント3というふうに順位が下がるほどポイントは上がっていきます

助っ人外国人選手やFA選手のMVP獲得はドラフトの成果ではないのでポイント0とします

 

年度 MVP受賞者 球団 ドラフト指名順位 ポイント
1989年 クロマティ 巨人 助っ人 0
1990年 斎藤雅樹 巨人 1982年1位 1
1991年 佐々岡真司 広島 1989年1位 1
1992年 ハウエル ヤクルト 助っ人 0
1993年 古田敦也 ヤクルト 1989年2位 2
1994年 桑田真澄 巨人 1985年1位 1
1995年 オマリー ヤクルト 助っ人 0
1996年 松井秀喜 巨人 1992年1位 1
1997年 古田敦也 ヤクルト 1989年2位 2
1998年 佐々木主浩 横浜 1989年1位 1
1999年 野口茂樹 中日 1992年3位 3
2000年 松井秀喜 巨人 1992年1位 1
2001年 ペタジーニ ヤクルト 助っ人 0
2002年 松井秀喜 巨人 1992年1位 1
2003年 井川慶 阪神 1997年2位 2
2004年 川上憲伸 中日 1997年1位 1
2005年 金本知憲 阪神 FA 0
2006年 福留孝介 中日 1998年1位 1
2007年 小笠原道大 巨人 FA 0
2008年 ラミレス 巨人 助っ人 0
2009年 ラミレス 巨人 助っ人 0
2010年 和田一浩 中日 FA 0
2011年 浅尾拓也 中日 2006年3位 3
2012年 阿部慎之介 巨人 2000年1位 1
2013年 バレンティン ヤクルト 助っ人 0
2014年 菅野智之 巨人 2012年1位 1
2015年 山田哲人 ヤクルト 2010年1位 1
2016年 新井貴浩 広島 1998年6位 6
2017年 丸佳浩 広島 2007年3位 3
2018年 丸佳浩 広島 2007年3位 3

 

セリーグの過去30年のMVP受賞者を輩出している球団





上記の過去30年間のセリーグMVP受賞者を球団別にまとめると下表になります

球団 MVP受賞者数 ポイント
巨人 11人 7
ヤクルト 7人 5
中日 5人 8
広島 4人 13
阪神 2人 2
横浜 1人 1

MVP受賞者人数は巨人が1位の11人で2位がヤクルトの7人です

しかしポイントは巨人が7ポイントでヤクルトが5ポイントで意外に低いです

この理由は助っ人外国人やFA選手が活躍しMVPを受賞しているからです

ドラフト指名した選手もいますが1位指名がほとんどなのでポイントも1ポイントにしかなっていません

逆に広島はMVP受賞者数は4人ですが13ポイントでダントツトップです

広島はイメージどおりドラフト下位などで指名した選手をしっかり育ててその選手が活躍しているのがデータでもわかります

阪神と横浜はチームがMVP選手を輩出できるようなドラフトと育成ができておらず、その結果チームとしても低迷しててきたと言えます

まとめ

 

30年間のセリーグMVP受賞者をもとにどの球団がドラフトに成功したかを見ていきました

MVP受賞者は巨人やヤクルトが多いですが、受賞者の内容が助っ人外国人やFA選手、そしてドラフトした選手も1位などの上位指名にかぎられます

一方、広島はMVP受賞者がすべてドラフト指名した選手でそれも下位指名の選手が獲得しています

この面からみてドラフトからMVP選手も輩出している、うまく育てているのは広島カープだといえます

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



ドラフト会議の短期的成功球団を歴代の新人王受賞者から検証してみた【セリーグ編】

ドラフト会議の短期的成功球団を歴代の新人王受賞者から検証してみた【パリーグ編】

ドラフトの成功球団を歴代のMVP受賞者から検証してみた【パリーグ編】

ドラフト会議2019で阪神の指名候補は誰?目玉投手ではなく野手を獲得しろ