ドラフト会議の短期的成功球団を歴代の新人王受賞者から検証してみた【パリーグ編】

芸能スポーツ

 

いよいよ2019年のドラフト会議の時期が迫ってきました

前回はセリーグの新人王受賞者からドラフトの短期的な成否を見てきました

ドラフト会議の短期的成功球団を歴代の新人王受賞者から検証してみた【セリーグ編】

そこで今回はーグの過去30年間の歴代新人王がどの球団のドラフト何位で指名されたかを徹底分析し、ドラフトに成功した球団に迫ります

毎年ドラフト会議の直後に成功した球団、失敗した球団など評価がされます

しかし結局ドラフトが成功したか失敗だったかは獲得した選手が活躍したかどうかを見てみなければいけません



パリーグ歴代新人王受賞者のドラフト指名順位と球団について

 

歴代のパリーグ新人王受賞者がドラフト何位で指名されたか、そしてどの球団が新人王を輩出しているかを見ていきます

ドラフトで獲得した選手が新人王を獲得するだけでは『このドラフトを成功だった』とは言えません

新人王を取るだけでなくその選手が長年にわたって活躍して初めてそのドラフトは成功したと言えるからです

また高卒選手は3年以上先の長期を見据えて育成するため、すぐに活躍し新人王を獲得することは稀です

とはいえ新人王を獲得することは短期的には成功といえますし、新人王を獲得後いっきに一流選手になる例も多くあります

それではパリーグの過去30年間の新人王受賞者を見ていきます

パリーグ過去30年の歴代新人王受賞者





下表はパリーグの過去30年の新人王とドラフト順位とそして獲得球団です

ポイントとはドラフト1位は期待が高く出番も多く与えられ活躍して当然なのでポイント1

そして指名順位が下がるほど掘り出し物になりドラフトの腕の見せ所なので2位はポイント2、3位はポイント3というふうに順位が下がるほどポイントは上がっていきます

高校生と社会人大学生ドラフトが分かれていた時代もその順位をそのままポイントとします

 

年度 新人王  受賞者 球団 ドラフト指名順位 ポイント
1989年 酒井勉 オリックス 1988年1位 1
1990年 野茂英雄 近鉄 1989年1位 1
1991年 長谷川滋利 オリックス 1990年1位 1
1992年 高村祐 近鉄 1991年1位 1
1993年 杉山賢人 西武 1992年1位 1
1994年 渡辺秀一 ダイエー 1993年1位 1
1995年 平井正史 オリックス 1993年1位 1
1996年 金子誠 日本ハム 1993年3位 3
1997年 小坂誠 ロッテ 1996年5位 5
1998年 小関竜也 西武 1994年2位 2
1999年 松坂大輔 西武 1998年1位 1
2000年 なし
2001年 大久保勝信 オリックス 2000年2位 2
2002年 正田樹 日本ハム 1999年1位 1
2003年 和田毅 ダイエー 2002年1位 1
2004年 三瀬幸司 ダイエー 2003年7位 7
2005年 久保康友 ロッテ 2004年1位 1
2006年 八木智哉 日本ハム 2005年1位 1
2007年 田中将大 楽天 2006年1位 1
2008年 小松聖 オリックス 2006年1位 1
2009年 摂津正 ソフトバンク 2008年5位 5
2010年 榊原諒 日本ハム 2008年2位 2
2011年 牧田和久 西武 2010年2位 2
2012年 益田直也 ロッテ 2011年4位 4
2013年 則本 楽天 2012年2位 2
2014年 石川歩 ロッテ 2013年1位 1
2015年 有原航平 日本ハム 2014年1位 1
2016年 高梨裕稔 日本ハム 2013年4位 4
2017年 源田壮亮 西武 2016年3位 3
2018年 田中和基 楽天 2016年3位 3

 

パリーグの過去30年新人王受賞者を輩出している球団





上記の過去30年間の新人王受賞者の表を球団別にまとめると下表になります

近鉄は途中で消滅し、そのタイミングで楽天が参入しましたで一緒にしています

球団 新人王受賞者数 ポイント
日本ハム 6人 8
西武 5人 9
楽天(近鉄) 5人 8
オリックス 5人 6
ソフトバンク 4人 14
ロッテ 4人 11

 

パリーグの過去30年間の新人王受賞者数は日本ハムの6人が最多で、ポイントは14が最多です

日本ハムはドラフト上位指名者が順調にすぐに活躍し、ソフトバンクは下位指名者をうまく育て活躍したといえます

セリーグのように顕著な偏りはなくどの球団からもまんべんなく新人王が出ている印象です

この30年間のパリーグ優勝回数は西武が12回、ソフトバンク(ダイエー)が8回、日本ハムが5回です

パリーグの場合は強い球団から多く新人王を輩出したとか、逆に弱い球団の方が新人の出番が多く活躍したということはなかったです

 

 

まとめ

 

パリーグの過去30年間の新人王受賞者からドラフトの短期的な成功球団を見てきました

日本ハムが6人、オリックスと楽天(近鉄)と西武がそれぞれ5人、ソフトバンクとロッテがそれぞれ4人でした

パリーグに関してはどの球団からもまんべんなくに新人王受賞者が出ています

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



ドラフト会議の短期的成功球団を歴代の新人王受賞者から検証してみた【セリーグ編】

ドラフトの成功球団を歴代のMVP受賞者から検証してみた【セリーグ編】

ドラフトの成功球団を歴代のMVP受賞者から検証してみた【パリーグ編】

ドラフト会議2019で阪神の指名候補は誰?目玉投手ではなく野手を獲得しろ