藤浪晋太郎は四死球を連発で不振の理由は?中継ぎ転向やトレードでイップスは治らない?

芸能スポーツ

 

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手299日ぶりそして今季初めて1のマウンド上がりました

結果は4回1/3を投げて4安打1失点6四球2死球という内容でした

なんとか1点に抑えましたが8四死球とあいかわらず制球が定まらず再び2軍に落とされました

1軍で1試合投げただけで、なぜまた2軍に落とすのか、すぐに落とすのならなぜ1軍に上げたのか

いずれにしてもイップス克服は長いスパンで考えていかないといけません

これから藤浪投手はどうやってイップスを治していけばいいのでしょうか



藤浪晋太郎はイップスを克服できるのか

 

イップスとはメンタル的な要因で普通に出来ていたプレーが出来なくなることです

出来なくなるとまた焦ってますます出来なくなる

という悪循環に陥った状態です

藤浪投手で言えば

 

普通にストライクを取れていたのがストライクが入らなくなる状態です

私も野球をやっていたのでわかります

私の場合はショートを守っていて悪送球を一回してしまうとその次も悪送球をしてしまうんじゃないかという気持ちになっていました

自分のところにボールが来るのが怖くなるという経験をよくしました

そういう状態になるとやっぱりまたミスが起こります

出来て当たり前のことが出来なくなる

これがイップスです

 

藤浪投手なぜストライクが入らないのか

 

藤浪投手が四死球を連発するのは

自分が失敗した時のイメージを強烈に持ってしまっているからです

難しいことであればできなくてもそんなに気になりませんが

出てきて当たり前のことだからこそ

出来なかったらどうしよう

という気持ちがイップスを引き起こします

【プロのピッチャーがストライクも取れない】

この普通じゃない状況と藤浪投手は格闘しています

ある有名元プロ野球選手が【藤浪は技術がないだけ】と言っていましたが

それは違います

例えば普段ベラベラ話せる人でも好きな人を目の前にすると緊張して声も出ない

という状態になることもあります

これは話す能力はあるが今は話せる状態にないということです

藤浪投手で言えば

普段はストライクを取る能力はあるが一軍の試合になると時々ストライクも入らない状態になる

技術や能力が発揮できない状態になるということです

いくら技術や能力があってもその土台となるメンタルの状態によってはその技術や能力が発揮できないということが起こります

藤浪のイップスを治すにはまず中継ぎから

 

では今後イップスを克服するためにどうすればいいのか

藤浪投手は先発完投型のピッチャーです

しかし先発ピッチャーの特徴として

・長いイニングを投げないといけない

・1週間に1回しか登板がない

現状の藤浪投手の場合

いつストライクが入らなくなるかわからないので最初から長いイニングを投げることを想定するのは酷です

中継ぎであれば短いイニングでもOK

ストライクが入らなくなればいつでも交代してもらえる中継ぎピッチャーの方が精神的に楽に投げれます

しかも中継ぎピッチャーは翌日でも投げられるので前の日にダメだっとしても気持ちの切り替えが出来ます

先発ピッチャーの場合は次の登板まで1週間空くので

ダメージを引きずってしまいます

あれこれいろいろ考えずに投げる

これが今の藤浪投手に必要なことではないでしょうか

イップスを治すにはイメージを変える




年度 防御率
2013 10 6 2.75
2014 11 8 3.53
2015 14 7 2.40
2016 7 11 3.25
2017 3 5 4.12
2018 5 3 5.32

上表は藤浪投手が阪神に入団してからの成績です

入団4年目の2016年あたりからイップスを発症しています

そこから成績がガクンと下がっていてすでに3年間以上イップスを克服出来ていません

期待が大きいだけに周りからもいろいろ言われます

セルフイメージダダ下がり状態だと思います

そこで藤波投手にやってほしいことが

良い時の自分の投球動画を繰り返し何度も見ること

コントロールの良いピッチャーの投球動画を繰り返し何度も見ることです

イップスはメンタル的な問題ですメンタルを作っているのはイメージです

自信がない状態のときは自信ががない自分をイメージしています

逆に自信がある状態のときは自信がある自分をイメージしています

良い時の自分やコントロールの良いピッチャーをしっかりモデリングしてから登板してほしいです

モデリングに関しては別の記事でやり方を書いています

朝礼のスピーチで緊張して震えたりする時の対処法!堂々と話すための改善策を紹介!

間違ってもうまくいかない原因分析はしてはいけません

セルフイメージが下がります

イップスを治す最終手段はトレード

 

イップスを治す最後の手段はトレードです

イメージを変える1番てっとり早い方法は

環境を変えることです

特に西武ライオンズのような個性的な選手に囲まれて伸び伸びできる環境が良いと思います

パリーグに行けば戦う相手も今までと違いますし球場も今までと違います

何より西武には高校時代にバッテリーを組んでいた森友哉選手がキャッチャ-です

高校時代のイメージを取り戻して活躍できる確率が高まると思います

まとめ

 

阪神タイガー藤浪晋太郎投手が今季初めて1軍のマウンド上がりました

8四死球と制球が定まらず、1試合で再び2軍に落とされました

藤浪投手がイップスを克服するためには

まず中継ぎから始めること

自分の良い時の動画やコントロールの良いピッチャーの動画しっかり観察すること

それでもダメな場合はトレードで西武ライオンズに入団し森友哉捕手とバッテリーを組むことです

まだ25歳と若いので焦らず一歩一歩克服してほしいです

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

鳥谷敬選手は引退かトレード移籍か?パリーグならどのチームがいいのか?

佐々木朗希投手【大船渡高校】のすごさは163キロのストレートや変化球?それとも素材そのもの?


アスリートのイップス改善&スランプ脱出に役立つメンタル強化ツール