箱根駅伝2020で日大はシード権を獲得できるの?注目選手のドゥングいつ何時に走るの?

芸能スポーツ

10月に行われた箱根駅伝予選会で日大は総合7位に入りなんとか箱根駅伝本選の出場権を獲得しました

正月に行われる箱根駅伝本選では今年こそ10位以内に入りシード権を獲得できるのか

それには23歳で社会人経験のあるケニア人留学生のチャールズドゥングの走りにかかっています

注目の1年生ドゥング選手はいつ何時に走るのか

そして我々はいつその走りを見られるのでしょうか


箱根駅伝2020で日大はシード権獲得するためには?

前回の箱根駅伝2019で日大は優勝した東海大学とは21分以上離されて14位に終わりました

そして10位でシード権を獲得した中央学院からも5分以上差がありました

それでも武者監督は今回のチームを日大史上最速と言い切ります

その理由はドゥング選手樋口翔太選手の2人の1年生が加入したからです

この2人は1年生ながら10000mの自己ベスト記録が日大で1位2位です

ドゥング選手が27分36秒、樋口翔太選手は28分43秒88です

チャールズドゥングの区間賞の走りが不可欠


ドゥング選手はケニア出身の社会人経験を持つ23歳の1年生です

そして奥さんもいるオールドルーキーです

予選会では個人総合で4位に入り日大の箱根本選出場に大きく貢献しました

今回の箱根本選では2区を走る予定で本人は区間新記録を狙っています

日大がシード権を獲得するためにはドゥング選手の区間賞あるいは区間新記録の走りが不可欠です

樋口翔太の活躍が不可欠

 

日大がシード権を獲得するためには前回大会で言えば5分は縮めないといけません

ドゥング選手の活躍だけでは難しいのです

もう1人の注目1年生である樋口翔太選手の活躍が不可欠です

樋口選手は1年生ながら10000mのベストタイムはの日本人でチーム1位です

彼は佐野日大高校の出身で日大を復活させるために入学したという頼もしい1年生です

いつ何時に走るの?



注目のドゥング選手と樋口選手はいつ何時に走るのでしょうか

ドゥングは1月2日の9時前後のスタート

 

ドゥング選手はエースが集う花の2区を担当します

今大会の日大の目標はシード権の10位以内に入ることです

そして日大の最大の見せ場はこの鶴見~戸塚間の2区23.1㎞です

1区で出遅れた場合は2区でドゥング選手のごぼう抜きが見られる可能性があります

逆に1区で日大が健闘した場合は2区のドゥング選手で1位に躍り出る可能性が十分あります

日大関係者の方にとってどちらにしてもこの2区は見逃せない箱根駅伝最大の見せ場なのです

その見せ場の時間は1月2日の午前9時前後から10時過ぎまでです

樋口翔太は1月2日10時過ぎのスタート

 

樋口選手は当日の区間変更で3区を担当となりました

3区は戸塚間~平塚中継所の21.4㎞です

日大は2区のドゥング選手で上位に駆け上がることが予想されます

ひょっとしたら1位でタスキを受け取るかもしれません

そうなってくると日大が往路を上位進出するためにとても重要な区間です

3区を走る樋口選手の登場は1月2日の午前10時過ぎから11時20前後までです

 

日大の前回の区間ごとの通過タイム

 

下表は日大の前回大会の区間ごとの通過タイムです

区間 スタート時間
記録
1区 1月2日 8時00分 1.04.24
2区 1月2日 9時04分 1.06.18
3区 1月2日 10時10分 1.06.22
4区 1月2日 11時17分 1.03.35
5区 1月2日 12時20分 1.14.58
復路 スタート時間
記録
6区 1月3日 8時00分 1.00.41
7区 1月3日 9時00分 1.04.41
8区 1月3日 10時05分 1.06.44
9区 1月3日 11時12分 1.12.10
10区 1月3日 12時24分 1.13.32

まとめ

 

箱根駅伝2020で日大はシード権獲得するため2人の1年生ドゥング選手と樋口翔太選手の活躍が不可欠です

ドゥング選手は2区を担当するので1月2日の午前9時前後にスタートし10時過ぎまでその走りが見られます

樋口翔太選手は1月2日の午前10時過ぎにスタートし11時20分くらいまでその走りが見られます

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!