50代で悲惨な中高年リストラ社員になる人の特徴!地獄の末路は?

政治経済ビジネス

近年は

企業の人手不足が叫ばれ

外国人採用も積極的になってきています

人手が足りなくて廃業する会社も続出し

人手不足イコール会社存続の危機

です

しかし

人手不足は2030代の若い世代の話

逆に

50代中高年の正社員サラリーマンへの風当たりが強さをましています

彼らの世代はバブル時代に

引く手あまたで入社したため

高給取り好待遇で

しかも企業にとって他の世代より大人数採用しています

50代となったかれらの存在が企業にとって邪魔になっている

ことは否めません

辞めてほしい50代

とはどのような人物なのでしょうか



50代中高年リストラ候補の特徴

50代リストラ候補は会社の価値観がすべてになっている

 

バブル期に

自分の第1希望の会社あるいは自分の実力以上の会社

に入社できた彼らは

会社に対する忠誠心、帰属意識がすごく高いです

それが逆に

会社の外で起こっていることに無関心になったり

会社のヒエラルキーがすべて

といった状態になっています

会社の中の上下関係がすべてで

部下や女性からは何も学ばず

上司の顔色だけを見てきた

そういう人が多くいます

さらに会社がすべてなので

会社名イコール自分

です

相手に対しても

会社の規模や会社名だけで相手を判断します

自分より大きな会社の人にはペコペコしたり

逆に中小企業をバカにしたような態度をとります

また

かれらは会社のルールが社会のルールよりも優先するため

会社のためという大義名分のもと

不正などにも手を染めやすくなります

50代リストラ候補は当事者意識がなく楽観的





50代リストラ候補は

実力以上の会社に入社し実力以上の給料待遇を受けています

そのためどこか楽観的です

それが成功体験となってしまっているのです

他の会社で50代にリストラの嵐が吹き荒れてても

すでに書きましたが

社外で起きていることにあまり関心がなく

どこか自分とは関係のないこと

と認識しています

もちろん

リストラに遭わないための対策

などは事前にしません

だって

自分には関係のないこと

なので

50代リストラ候補は学ばない

 

50代リストラ候補のよくある特徴

【私は〇〇大学の出身で

かれは〇〇大学、かれは〇〇大学】

という話がとても多いです

30年以上前の18歳の時のテストの点数を

50歳になっても事あるごとに持ち出し

それがいまだに人を評価する大きな尺度になっています

これはかなり恥ずかしいことです

言うまでもなく

その後に何を学んだか

が大切なのに

いまだにそれに気が付けていないのです

また

新しく学ぼうとする意識が乏しいため

過去の自分の経験や体験だけで意思決定をしてしまいます

外部セミナーなどでも斜に構えてイヤイヤ聞いている

中高年サラリーマンを良く見ませんか?

50代リストラ候補の悲惨な末路は?





50代リストラ候補に残った選択肢は

①早期退職制度活用

②配置転換

③降格や左遷

などがありますが

①の早期退職の募集があった場合は

いち早く応募するほうがいいです

退職金も多めにもらえますし

転職しやすいように

転職先企業が転職エージェントに支払う紹介料を今いる会社が負担してくれたりします

50代の中高年を雇うために転職エージェントに紹介料を支払ってまで採用する会社はまれ

であるため

紹介料が無料なら中高年でも取ってみるか

となる可能性もあります

今の会社にいるよりも

環境や人間関係もすべてを変えて

余計なプライドも捨て

年下の上司に頭を下げて働くチャンスなのです

私の周囲の50代を見ても

会社にしがみつかず

こういった選択をした人の方が

そのあとイキイキと働いています

ただ

愛社精神やプライドから

会社にしがみついて

配置転換や左遷でたらい回しにされた

挙句の果てにリストラ

となってしまう人も多くいます

悲惨ですね

まとめ

 

バブル期に引く手あまたで入社した

50代の多くが

30年後の現在

会社のお荷物

となっています

会社にしがみつくほど悲惨な末路が待っています

環境を変え生き方を変えるチャンスです

逆に言えば

この記事の逆の事を行なっていけば

道は開けます

50代の皆さん頑張ってください

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



40代中年オヤジがブログを始める理由!2年で月収50万円を達成し生計を立てられるか