運動会の徒競走で勝つコツ!本番直前1週間から家の中でできる練習方法

芸能スポーツ

いよいよ運動会シーズン入りました

子供たちにとって運動会で1番重要なことは徒競走で速く走ること

そして周りの友達に勝つことです

速く走れる子はいいですが速くない子にとっては徒競走は嫌な種目であり

何とか速く走りたいと思っています

そこで運動会本番が近づいてきた今からでも間に合う徒競走で速く走るためのコツと練習方法を解説します(^^)/




運動会の徒競走で勝つための本番直前に出来る2つの練習方法

 

それでは運動会の徒競走で勝つための方法を見ていきましょう

ちなみに私は高校時代陸上部でした

そんな私が断言しますが短期間で脚力が飛躍的にあがる方法はありません

しかし脚力はあがらなくても今より速く走ることはできます

それは自分の持っている脚力を最大限前に速く走ることに活かすことです

同じ100の脚力を持っていたとしても50しか出せていなかったり

100出せていたとしてもその力が前に走ることに活かされていなかったりします

自分の持っている脚力を最大限活かす方法は腕の振り方ももの上げ方です

正しい腕の振り方で走る

 

自分の脚力を速く走るために活かす方法は正しい腕の振り方で走ることです

為末大学ランニング部の下記動画を観てください

【かけっこ教科書】正しい腕の振り方を学ぼう

1回は全体を流すように観てください

そのあとは細部がどうなっているかパーツごとに何度も観て映像を覚えるくらい観るといいです

1.肩の力を抜く

まず肩に力が入ると腕を大きく振れません

両肩を揺すってリラックスし肩の力を抜きましょう

2.手の握り方

手の握り方は卵を握っていてつぶさないな握りをイメージします

ギュっと力を入れて握ってしまうと貴重な力が前に走ることではなくではなく手を握ることに使われてしまいます

.肘の角度は90度を目安にする

肘の角度は90度くらいを目安にし前に振るときも後ろに振るときも90度を保ちます

前に振るときは手がアゴの高さまで振ります

後ろへ振りすぎると肩が上がってしまうので振りすぎなようにしましょう

.腕を前後にまっすぐ振る

腕を横に振ると身体がねじれてせっかくの力が前に伝わりません

腕を前後にまっすぐに振りましょう

腕振りに関してはこの4点です

 

正しいももの上げ方で走る





自分の脚力を速く走るために活かすための2つめの方法は正しいもも上げで走ることです

為末大学ランニング部の下記動画を観てください

【かけっこ教科書】もも上げを学ぼう

.まっすぐな姿勢でもも上げをします

.ももを腰の位置までしっかり上げる

.足上げの軌道はかかとをそのまま上に上げる

.左右の脚の切り替えは空中で行う

もも上げに関してはこの4点です

YouTubeで映像を何度も見て脳に焼き付けてください

そして本番までの残り時間でしっかり練習を繰り返し行いましょう

まとめ

 

運動会直前でもできる徒競走で勝つための練習方法はいかがでしたでしょうか

YouTubeで映像を何度も見て脳に焼き付けてください

そして本番までの残り時間でしっかり練習を繰り返し行いましょう

『本番が明日だ』という場合は腕振りだけを徹底してやりましょう

1番大事なのは腕振りです

腕振りがしっかりできればもも上げはある程度ついてきます

それでは本番頑張ってください(^_-)-☆

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!